住宅ローンの支払いにボーナスを当てにしている人は注意しましょう

これから住宅ローンを組む予定のある方に、ボーナス払いを視野に入れる前に注意して頂きたい事があります。思いがけずお金が手に入った時にまとめて返せたら、月々の返済額は減るので負担が大きく減ることになります。
但し最近の会社は確実に賞与が与えられるという保証もなく、場合によっては多かったり少ない時も考えられます。
それもあり実際に賞与などを返済に充てているという方は、思いのほか少なく、40%程度だそうです。
それでもまとめて返済をしたいという方は、便利な繰上げ返済を利用してみると良いですね。住宅を購入する際には頭金が必要です。
頭金が無くても購入出来る!と言った宣伝も目にしますが、確かにそれでも購入は可能でしょう。その代わり、月々の返済額は膨らみます。月々の返済を少しでも楽にしたければ、やはり、最初に頭金を少し支払いましょう。頭金の支配い額は物件金額の20%と言われていますが、住宅を買うとなると他の費用もかかりますので20%は目安として、支払える範囲で検討すると良いでしょう。将来、新築を希望しているが十分なお金を準備できないそんな方にお勧めなのが中古物件の住宅ローンです。
ただ、これはしっかり調べて確認しておく必要があります。
一番は、借りたお金を返す期間が短い点にあります。
一度使用してある物件のために耐久性が考慮され、通常よりも10年ほど早めに求められるケースが多いです。
安価な価格で購入できる利点もありますが、しっかり調べないと逆に毎月の負担が大きくなってしまう事もあります。またリフォームが必要な場合もあるので、その費用も合わせて総支払い額はどれくらいになるか調べておきましょう。
住宅ローンを申し込みする時、強制加入する保険があります。その保険の名前は「団体信用生命保険」といいます。この保険の詳しい内容は、ローンを組んでいる人にもしもの事があった場合、ローンの残額が無くなる。という保険です。
これは残された家族に住宅ローンの残額が残らない様にする特別処置です。
団体信用生命保険の保証会社はその銀行によってちがいますが保証料は銀行が負担してくれる所が多いです。
保証料は自己負担ではないので、安心して住宅を購入する事ができます。

Contents

HOME

未分類

カテゴリー

pagetop