まだ住宅ローンが終わっていないのに失業してしまったらどうすればいい?

住宅ローンを返している途中にもし、失業するような事があれば残ったローンをどのように返していったらいいのでしょうか。
万が一の時に備えてここで勉強しておきましょう。
今、どのような立場に自分が立っているのか確認します。クビになった原因が会社側か自分にあるのか、その理由如何で支給される金額も大きく変わるからです。きちんと手当てが支給されれば、1年間は保証されますので新たな職場探しをしながら、返済に充てるというのも方法です。しかしながら、一回でも支払いが滞ってしまうと難しくなるので優先順位を考えて行動するようにしましょう。住宅ローンは住宅購入の時に役立つものです。
申請する場合は、銀行・信用金庫またインターネットバンキングでも受付ています。ですが、どこでも融資可能かどうかの審査があります。
重要視される点は職業・勤続年数・年収などが主になります。
あわせて、過去の金銭トラブルなども基準の中に含まれているのでもしも思い当たる節がある場合はまずそちらをきれいに片づけ申し込みをされると良いでしょう。
マイホーム購入資金の調達として頼りになるのが住宅ローンだと思います。申請方法はとても簡単で近場にある銀行や信用金庫などからでも可能ですし足を運べない。という場合はネットバンクなども良いでしょう。加えて、不動産屋と協力している銀行にするという方法もあり、自分の都合に合わせて調達できます。
申し込みの後の審査に通り、支払をスタートした場合10年間ぐらい控除を受けることが可能です。その場合、会社で行われる年末調整では受付できないのでローンを組んだ年の確定申告に自分で行く形になります。住宅ローンを組むには、まず銀行で審査が必要です。住宅ローンは最長35年という途方もなく長い期間の返済になりますので、審査はとても厳しく行われます。審査の結果は約1週間前後で電話もしくは口頭で伝えられます。
審査の合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。審査に通れば、本格的な契約に移ることができます。契約の時は、指定された必要書類をすべて揃える他実印・諸費用も用意しましょう。
諸費用は借入する額によって変わってくるので、事前に銀行側から指示されます。一般的には、数十万〜数百万単位の金額がかかると見ておくと良いでしょう。

Contents

HOME

未分類

カテゴリー

pagetop